株式会社コーメイ。保全・保守などメンテナンスの工事、施工、腐食調査・対策はお任せください。(名古屋)


腐食防止とは?

腐食防止とは?

錆現象と呼ばれる症状

腐食防止とは金属の腐食を防ぐことであり、防錆とは錆が発生したり広がったりするのを防ぐことです。鉄鉱石から生み出される鉄は、元の状態である鉄鉱石に戻ろうとする習性があり、それを錆現象と呼びます。

錆びたままで放置しておくと、最終的には剥がれ落ちてしまうこともございますので、注意が必要です。

→マグネラップ犠牲防食についてもっと知る

防食の必要性(鉄材の状態)

■鉄が、元の鉄鉱石に戻ろうとする錆現象の原理

錆現象の図

その対策として、コーメイの「マグネラップ犠牲防食」有効です。

マグネラップ犠牲防食の詳しい内容はこちらから


腐食錆現象のメカニズム

防食概念図

鉄鉱石が製鉄所を経て鉄鋼製品となります。何の処置もしない場合、鉄鋼製品は不安定であるため安定状態になろうとします。そのため、腐食によって錆が発生するのです。錆が発生すると製品として機能しないため、錆を発生させないための対策が必要となります。

株式会社コーメイへのお問い合わせ

お電話の方はこちら:053-531-1133

弊社メールフォームをご利用ください。